採血による肝機能検査(GOT・GPTほか)

肝細胞の中には、多くの酵素が存在しています。また、肝臓は食物から摂取したタンパクを合成する働きがありますが、肝臓が病気になると、破壊された肝細胞から酵素が血液中に流れ出たり、血液の中に必要なタンパク質の量が減少してきます。そこで血液を採取して、その数値をみることで、肝臓の状態を把握することができます。肝機能を調べる血液検査のうち、以下に主な項目を挙げてみました。

健康診断の採血

血清ビリルビン
肝臓病になると黄疸(皮膚や白目の粘膜が黄色くなる)の症状が現れるのは、ビリルビンが血液中で増加するためです。抱合型ビリルビンと非抱合型ビリルビンといいます。この総ビリルビンの数値が3mg以上になると、白目の部分に黄疸が現れてきます。急性肝炎や胆石などで黄疸が現れるのは、主に抱合型ビリルビンが増加するためです。

GOT、GPT(血中トランスアミナーゼ値)
肝機能検査の中で最も代表的なもので、職場の健診などでも必ず実施されます。トランスアミナーゼとは、肝細胞に含まれている酵素のことで、肝細胞に障害があると、血液中に流れ出足てきます。そのためGOT、GPTの数値は、肝細胞が破壊された数に関係し、急性肝炎などでは急激に多くの肝細胞が破壊荒れるため、数値は急上昇を示します。

ただし、病気の重症度とは比例せず、慢性肝炎や肝硬変の場合、GOTやGPTの数値があまり高くならないこともあります。慢性肝炎では定期的にGOTとGPTを測定する必要がありますが、200以下であれば外来通院、300以上の上昇傾向が見られれば、入院治療が考慮されます。

GOTとGPTはそれぞれの数値だけでなく、比率も大切です。急性肝炎や慢性肝炎、非アルコール性の脂肪肝の場合、GOTよりもGPTが高い数値を示し、アルコール性の肝脂肪や肝硬変などではGPTよりもGOTが2倍ほど高くなります。肝がんになるとさらにGOTの数値が3倍くらい高くなります。GOTは肝臓に多く含まれていますが、GPTは肝臓以外にも心臓や筋肉の細胞にも含まれているので、心臓や筋肉の病気でも数値が上昇します。

ALP(アルカリフォスファターゼ)とLAP(ロイシンアミノペプチターゼ)
いずれも胆汁の流れが始まる場所、すなわち胆管係の上皮細胞に含まれている代表的な酵素で、胆石などの胆管係の病気や肝臓がんなどによって胆汁の流れが阻害されると、数値が上昇します。ALPは肝臓以外にも骨や小腸にも含まれているので、これらの早期の障害でも上昇が見られます。LAPは腎臓、腸にも含まれています。ですので、ALPのみが上昇している場合は、骨の病気の可能性が強く、双方が上昇している場合は肝臓や胆管の病気が疑われます。

γ-GTP
γ(ガンマ)-GTPは、肝臓、腎臓、脾臓などに含まれている酵素で、肝臓に障害があると数値が上昇します。なかでもアルコールと深い関係があり、お酒を飲む人の約半数、アルコール性の肝障害がある人の大半で数値が上昇しますので、アルコール性肝障害の診断や治療経過の観察に欠かせない指標となっています。口では「禁酒しています」と言って、隠れてお酒を飲んでいる人は、γ-GTPの検査を受けると直ぐにばれてしまいます。

ChE(コリンエステラーゼ)
肝臓で合成される酵素で、肝細胞が障害されると合成される量が減り、血中の量が低下します。ただし、脂肪肝では逆に高い数値になることもあります。慢性の肝臓病の経過観察には、重要な検査です。

ウイルスマーカーを調べる血液検査

体内に有害なウイルスなどの異物が侵入した場合、それに対抗するために血液中にできる「抗体」、抗体を発生させる原因となった「抗原」、すなわちウイルスやその一部分の有無を調べて、肝臓の障害が肝炎ウイルスの感染によるものであるかを判断します。ウイルスの存在を示す抗体や抗原を「ウイルスマーカー」と呼びます。

B型肝炎ウイルスの検査
B型肝炎ウイルスは、表面はHBs抗原、核はHBc抗原およびHBe抗原で構成されています。このHBs抗原が陽性の場合は、持続的にB型肝炎に感染しているキャリアであることを意味しています。HBe抗原が陽性の場合、ウイルスの増殖が盛んであることを示しています。また、血液中に多量のウイルスが存在しているため、他人への感染リスクも高まります。また、現時点では症状がない「無症候性キャリア」であっても、いずれ肝炎を起こす可能性があるので注意が必要です。

HBe抗体が陽性の場合、血液中のウイルスがかなり少なくなっていることを占めていします。HBs抗体が陽性ならば、過去にB型肝炎に感染して完治し、既に免疫が出来ていることを示しています。

C型肝炎ウイルスの検査
HCV抗体が陽性の場合、C型肝炎ウイルスに感染していることを示しています。

腫瘍マーカー
がんが発生すると、血液中にがん細胞が作り出す特殊なタンパク質が増えてきます。これが腫瘍マーカーで、この存在によって、がんがあることがわかります。原発性の肝細胞がんで増加が著しく、早期発見に有効とされているのが、AFPとPIVKAⅡです。ただし、がん以外の病気でも腫瘍マーカーは高い数値を示すため、この検査単独でがんの診断は不可能です。